ストレートにしたら、ツヤとまとまりが想像以上になりました。

スポンサードリンク

 

「こんなにツヤツヤにまとまっているの、初めて」の体験をした縮毛矯正

ノロノロ台風が接近していた夜、最終受付でいらっしゃったAさん。

 

【ストレートをかけるのは初めて】

 

だったので、期待と緊張とが入り交じっていたでしょう。

 

気になるところは、

  • 前髪内側のうねり
  • ツヤがなくなってきた
  • 毛先がバサバサしている
  • まとまりが良くなって欲しい
  • 伸ばしたいから、まとまるなら長さをキープ

といったところです…。

 

beforeの状態も把握させていただいて、結論としては…

 

気になる部分は取り除けるし、なんならそれ以上にクオリティを上げられる

 

と判断したので、

 

早速施術に取り掛かります。

 

 

縮毛矯正のポイントになるのは、

 

  • ストレート用のお薬の効かせ方
  • アイロン前の処理の仕方
  • ストレートアイロンの熱の伝え方
  • アイロン後の処理の仕方

 

です。

この二点がヘアコンディションによって、こと細かく細分化されてきます。

施術履歴やその人本来の髪の強さだったりでアプローチがかなり変わってきますので、何が適正なのか?をどれくらいズレなく判断できるかが仕上がりに影響してきます。

 

 

そして…

 

 

DON‼‼‼‼‼

 

 

これくらいの仕上がりになれば、日々快適に過ごせます♪

 

あとあと気になる部分としては、前髪が一番最初にうねってきます。他の箇所より髪自体の長さがないので、うねりが気になるのが早いのです。

なので、そういったときには、前髪だけのポイント矯正が良いかなと。

その場合は2か月後がオススメなので、10月頭辺りです。

 

縮毛矯正の次回オススメ日は4か月後なので、12月5日前後です。

年末に入ると忙しくてバタつくので、初旬に来ていただきたいですね(笑)

 

もちろんかけるタイミングはご本人次第なので強要はしませんが、美容師的ベストタイミングは根元の新しい髪が伸びてきて、毛先のまとまりが悪くなってくる4か月後です。早い方(クセが結構強い方)では3か月後がベストです。

 

日々のヘアケアに関しても、ベストなのはサロン専用のものでケアするのがベストです。

なぜならば、髪は思っているより負担がかかっている部分だからです。

薬剤だけではなく、髪を洗うとき・拭くとき・乾かすとき・日を浴びてるとき・引っ張られたとき…いろんなシーンでダメージ要因を作られているのです。アナタの「キレイ」を創ってくれている髪は、言葉を発しないだけで実はたくさんの負担がかかっているのです。

失う前に優しくしてあげて下さいね。

 

 

 

縮毛矯正大好物!!!(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

東京都葛飾区金町にあるヘアサロン【Ofa beauty salon 店舗代表】。お客様リピート率95%の美容師。上質な価値を選ぶお客様に定評があり、ライフスタイルに寄り添った提案とクオリティで支持を頂いている。パーソナルカラーを駆使した提案、ナチュラルなデザインカラー、髪質の悩みに合わせたカットを得意としている。持ちの良いデジタルパーマも人気。髪の事だけではなく、ボディケアに関してもアドバイスしている。 東京都葛飾区を飛び越えて、常磐線沿線で「最もステキなヘアスタイルを生み出すサロン」を創ることが目標。