ブログ

コロナ抗体保持までにかかる期間、超ざっくり計算。

都内で希望者200人に対して抗体検査が実施されていたのでザックリ計算してみた。

陽性率は5.9%。内訳は…

一般市民  147人のうち4.8%にあたる7人が陽性
医療従事者 55人のうち9.1%にあたる5人が陽性
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020043090070748.html
希望者だけの少人数検査なので参考値にしかならないが、医療に従事されている方は約2倍の抗体保持率。残念ながら、どんなに気を付けていても完璧な防御は出来ないことの裏付けになってはしまいます。
予防もしつつ身体を健康的に維持して(運動や栄養バランス)、かかりにくいバランスを維持する方が神経すり減らさないで済みそう。拡大リスクを考えて基本対策はしていますが。

都内の人口は1390万人

この人数に5.9%をかけると
820100人。
検査を実施した4月末の時点で既にこのくらいの人数は抗体を保有している可能性があるのかもしれない。都内で騒がれ始めたのは3月に入る前くらいかな?おおよそ2ヵ月のうちの拡大の様子なので、
人口÷現時点の抗体保持人数すると、おおよそ34か月(2年10ヵ月)で都内の全員が感染することに。

全国の人口は1億2596万人

全国計算だと、抗体保有人数は7431640人(約743万人)
地域変動は当然あり。岩手県なんかは少ないんでしょうね。1人も保有者なしは無いと思ってます。無症状なだけ。

分母(感染者)が増えてくるので、これより早い段階で拡大はするだろうけど、収束というか、日常に溶け込むと言うか、今までの感覚でいうところの「インフルエンザ」みたいな捉え方になるのは2年くらいはかかるのかな。ワクチンができても100%対応できるものでもないし(インフルエンザだって打ってもかかるし(笑))、それ以外の対策をしていかなければパンデミックは止まらない(全員に行き渡ったら落ち着く)

対策というかライフスタイルの変化というか…

そもそも論になりますが、これからより一層取り組むこととして「病気になりにくい身体作り」を集中して行っていこうと思います。要は拾っちゃっても発症しなければ済むんだし。
パーソナルトレーニングの需要なんかは、ある程度収束した時には一気に増えるんだろうなぁ。これを期に健康意識が高まるとだろうし、それに関連する器具や食品、動画関係、テキスト類、書籍なんかも伸びるのかな?
ただ、今までの取り組み方だと「密」になってしまうので当面は気を付けたほうが良いですね。今までは空間をパンパンにに詰めてやっていたものは、ゆとりある構造に。回転率が下がる分、価格調整もしなきゃですね低単価の事業モデルは難しいかな。やっていないので肌感覚ではわかりませんが。

運動して健康体を維持するのは基本なので、会社単位で健康管理時間を設けても面白いかな~と思ったり(笑) 立派な福利厚生ですしね。有無を言わさずそこに投資して使わざるを得ない状態にしてしまえば…勿体ないからと感じさせてしまえば勝ち^_^

どの事業も今は大変ですが、必ず「その後の世界」ではV字で盛り返す分野はあると思います。ボクは美容業なので、そこに行けるように粛々と取り組むだけ。
自分の道の先はどんな分岐が待っているのかな~…

さ、運動しよ。

ABOUT ME
yoshihidetohyama
東京都葛飾区金町にある髪質改善専門サロン「premium Ofa」オーナー。お客様リピート率97%の美容師。ライフスタイルに添った提案とクオリティで、上質な価値を求めている客層に支持を受けている。髪質を改善する縮毛矯正やトリートメント、パーソナルカラーを駆使したデザインカラー、髪質の悩みに合わせたカットを得意としている。持ちが良くパサつかないデジタルパーマも人気。髪のケアから始まるインナーケア・ボディケアに関してもアドバイスしている。 東京都葛飾区から「出会った方に史上最高のヘアスタイルを提供するサロン」を。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。