ブログ

カラーリングでしみないようにするには?5つのポイント

カラーをする、その時に。

ヘアカラーが広まってから随分と時が経ちます。

当初は「ヘアダイ」と言っていました。

 

hair=髪

die=死

 

の組み合わせ。「髪が死ぬ」という意味ですね(笑) 初期の頃はとんでもない威力だったんでしょうね(苦笑) 現在のカラー剤は、薬剤だけに髪に負担はかけますが一昔前のモノとは比べ物にならないほどダメージレスになるように進化してますのでご安心を…

 

ただやはり、進化しているとはいえ様々な要因で「かゆくなったり」「しみたり」してしまう方もいらっしゃいますので、その辺りの対処法も知っておくと良いかなと思います。

 

 

かゆみの原因は?

カラーの際にしみてしまう原因は【ジアミン・過酸化水素・アルカリ】が原因でしみてしまうことがあります。いわゆるアレルギー反応でかゆみが出てきます。「植物性の~」だと印象は優しそうですが、植物の何かにアレルギーがあれば反応してしまうので注意が必要です。「茶のしずく石鹸問題」も記憶にある方も多いと思います。小麦アレルギー引き起こしたら、食べ物のほとんどが選択できなくなりますし、植物性カラーの方が注意が必要かもしれませんね。

 

また、ホルモンバランスが不安定な時もしみやすいです。女性ホルモン・男性ホルモンは肌の構成にも影響が出ますので、そういったタイミングの時は注意が必要です。

あとは、しみないために注意するべき基本を5つまとめてみます。

 

 

1.熱いシャワーを使わない

お風呂の時に熱い温度で湯船に浸かったり、髪をすすぐときに頭からかけたりすると、髪だけでなく肌の油分も取ってしまいます。油分は本来肌を守るべきものなので、少ない状態でカラーをするとしみてしまう可能性が高くなります。

38~40℃までが必要以上に油分を取らない温度になりますので、熱い温度が好きな方でも数日後にカラーをする予定であれば、温度を下げて過ごしておくことをオススメします。

 

 

2.シャンプーをし過ぎない

来店前準備として、シャンプーをし過ぎないというのもポイントです。

シャンプーは洗浄成分で油分をとりますので、必要以上にやってしまうと「取り過ぎ」につながります。しみる原因になりますので何回も、は控えましょう。

また、爪を立てたり、肌が赤くなるほど強く擦ったりしないようにしましょう。頭皮に傷がついていると、それもしみてしまう原因になります。

しみるのが心配な方は、カラーをする前日の夜はシャンプーを控えて、すすぐだけにしておいても良いかと思います。「やっぱり気になる!」と思って、当日に朝シャンして来ないように注意してください(笑) 保護膜ゼロ状態です…

 

 

3.カラー前に頭皮の保護

これはサロンワークで美容師側が注意するポイントです。

油分が少ない状態でカラーをするとしみやすくなってしまう可能性が高くなりますので、しみやすい方には「人の油分に近い成分」を補給してから施術に入ります。オーファではカラーをされる方が多いので、しみやすい方にはなるべく負担の無いように事前にお聞きしています。

 

 

4.地肌にべったりつかないように染める

[adsense]

しみてしまうのは、しみる原因になる特定の成分が肌に付いたときに起こります。なるべく肌にベタッとつかないように塗布しておけば、ベタベタに塗った時よりも痒みを起こすことはありません。リスクを完全に取り除けているわけではありませんが、安全性は高まります。肌に付かないように塗布することを【ゼロテク】とも言います。

 

 

5.我慢しない

カラーのお薬は塗り始めが一番発色反応しており、序盤でピリピリしていてもしばらくすると大抵は収まります。時間の経過とともに収まるものは後のケアでフォローできますが、いつまでもピリピリやかゆみが収まらない時はアレルギー反応なので、我慢せずに早い段階でスタッフにお伝えください。

 

 

 

 

いかがでしたか?気を付けていても稀に施術後に症状が悪化する場合もありますので、その際は「カラーリングをした際に」と伝え皮膚科へ受診してください。

ABOUT ME
yoshihidetohyama
東京都葛飾区金町にある髪質改善専門サロン「premium Ofa」オーナー。お客様リピート率97%の美容師。ライフスタイルに添った提案とクオリティで、上質な価値を求めている客層に支持を受けている。髪質を改善する縮毛矯正やトリートメント、パーソナルカラーを駆使したデザインカラー、髪質の悩みに合わせたカットを得意としている。持ちが良くパサつかないデジタルパーマも人気。髪のケアから始まるインナーケア・ボディケアに関してもアドバイスしている。 東京都葛飾区から「出会った方に史上最高のヘアスタイルを提供するサロン」を。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。